アニメ2話感想、
今回も腐り感想で推して参ります!
一応、アニメの展開順に好き勝手に語ろうかと。

 

まずは・・・・
やっぱり義元様は死亡フラグでしたね。
キャラが最高だっただけに、うーん残念。
超いい味出してましたよね!
即寝な所とか、鼻水とか。
BASARAに必要なお笑い要員だったのに。

 

そして、義元を討つべくして、やってきた伊達軍。
めっちゃ暴走族のノリで義元軍を取り囲みます。
そして、我らが筆頭は、馬から飛び降り、空中で弓矢をはじきまくり、
そのまま地上へダイブ!!
しかもすげー衝撃。砂埃半端ない。
筆頭、半端ないっす!
さすがBASARAクオリティ!(褒めてます)
あれは、義元様じゃなくても、輿に隠れたくなるよ。

 

義元を討つかというときに、空気の読めない、幸村さん登場。
二人のバトルで絵柄が劇画チックに。
まー。これもBASARAクオリティですよね。
激しいバトルなんだよね。よく分からないけど。
つうか、今回の絵柄は前回とはまた違うかんじでしたよね?
個人的には、今回のが好きかも。
小十郎の絵が今回の方が好きなので(判断基準は小十郎かよ!)

 

舞台は変わって、小田原。
お館様の馬、半端ねぇ!!
最強はお館様の馬だね!
重力にも逆らう馬ですから・・・
って思ったら、まさかの馬死亡。
義元様と氏政に死亡フラグとか思ってたら、
馬のが先かよッ!!!!

やー、びっくらこいたよ。
しかも結構血ふぶきが・・・

 

あと、小太郎も今回で出番おしまいですかね?
お館様にぶん殴られてたよ、顔変わるくらい。
あーでも、毎日殴られて生きてる人がいるから、
生きてるのかな?
で、松永の所に流れ着くとか。

 

そういや、忍つながりで、かすがと佐助の絡みに萌えたー。
あの一方通行っぷりが好きです。
かすがの過去を匂わすような、話があったので、
これからこういう話もやるんでしょうか。

 

さてさて。舞台はまた戻って、桶狭間。
気づいたら、影武者が・・・・・って、
誰も気づかなかったのかよッ!!!!

 

輿も増えてるんだから、普通気づくでしょ。
なんで、そんな手遅れになるような段階で、ようやく気づいたんだよ、お前らッ!!!
と、言いたいですね。

 

戦っていた二人はさておき、
まわりで見ていた奴らは何してたんですか!
特に小十郎とか、小十郎とか。

 

あれか・・・・
政宗様の美しい戦いっぷりに見惚れていたってやつですね。
じゃあ、仕方ないですね。
不可抗力ですもんね。
あれに見惚れないで、何に見惚れろと?

 

三手に分かれて影武者を追いますが・・・
やべぇ、リアルに鼻血が出そうですよ!!
小十郎のかっこよさ、半端ない!!!!!
蘭丸の弓の嵐を、一閃したところとかやばい。
森川声やばい。鼻血でる(2回目)

その後で、上を見上げた小十郎が、本日のベストショットだと思います。

 

あとあと!!!
濃姫様!!!!
太もも太もも!!!!!
幸村に「ぼうや」ですよ、さすが濃姫様!!!!
幸村と濃姫様が対峙したから、
「破廉恥でござる!!」とかそういった幸村のセリフを期待していたんですが、
そういうが一切なく真面目な展開で、ちょっと驚いた。
むしろ、絶対言うよね?と思って見てたから。
普通にスルーですか。旦那ってそういう子だったんですね。

 

そして、ようやく織田軍との接触!!
やっとストーリーが進んできたってかんじがします。
あっと、その前に光秀と筆頭が接触したんで、
光秀の変態が筆頭に何かやらかすんじゃないかと(腐的な意味で)
思っていたんだけど、普通でしたね。
普通に消えた。

深追いした筆頭が、一人だけで織田と接触するのかと思って、
ハラハラとして見てたら、ちゃんと小十郎来たね。
さすがですね。

 

あ、これだけ叫ばしてください。
織田に義元を討たれてしまって、怒りに震える政宗様。
その時、唇のどアップがあったんですが、
その唇、超エロいから!!!!!!!!
やばい、唇を奪って、小十郎!!!!(何)
ほんとやばいわー。
深夜放送なのは、筆頭の唇がエロすぎたからなんですね。
よく分かります(どーん)

 

いや、これも叫ばせてください。
予告!!!!!!
何ですか、あれはッ!!!!!

次回は、奥州双竜のプライベートに密着ですか。
(や、織田はどうしたんだよww)
小十郎は、頭にてぬぐいしてて、完全に畑仕事スタイル。
筆頭は、袴ですよ!!!私服じゃないですか!!!(もう、筆頭の袴=私服な脳内)

慶次が奥州にやってきて、双竜のプライベートを暴いていくという展開ですか。(違うよ)
前回も今回も、小政的な絡みが少なくて、不完全燃焼気味だったので、
激しく次回が気になります。
小十郎の隣にいる、じーさんも気になります。
たった数秒の予告に、妄想はノンストップですよ!!!
いやー、今まで以上に楽しみですな。

Comments are closed.

Post Navigation