まず、最初にいいですか?

 

妄想が具現化した!!!!!(はぁはぁ)

 

前回、怪我をして臥せっている政宗様を見て、
せっかくなら、裸に包帯のが萌えるのにー!って書いてたと思うんですが(しかも図説して)
妄想が具現化した!!!!!(はぁはぁ)

すげぇぇぇぇーーー!!!!
と思って、鼻血が出そうになりました。
そんなんで、バシっと感想いきたいと思います!

 

■イントロ

馬が武装されててワロタな伊達軍。
装備が日に日に増えているのは気のせいですか?

 

■上杉のターン

いつもの来た!!!!
しかもお姫様だっこー!!!
小政でもやってほしいです。
(↑前回の妄想が具現化したことにより、少々図に乗っています)

 

■忍のターン

佐助かっこいい!!!
爆発元へ行こうとするかずがを、
「自分の主を守りな」ってかっこいい!
忍を引き連れてる姿もかっこよかったね!

 

 

こっからが本番。
■右目のターン

 

鬱積する思いを剣にこめる右目。
怪我に気づかずにいたことを、すごい悔いてる。
今まで小十郎が甘いなー政宗様にって思っていたんだけど、
それにも今回の伏線だったんですね。

今まで、前を進む政宗の背中をただ守るだけが自分の仕事だと思っていたから、
付き従うだけで、基本的に幸村とか今川の戦いに手出ししてなかったんですね!

でも、それだけが自分の役目じゃなくて、
政宗の命を守るためなら、
尊重するばかりではいけないってのに気づいたわけで。

それが、真剣勝負を小十郎にさせるには十分な結論だったわけで。
やばい・・・!興奮しすぎておかしいんですが!
なにこの公式!
萌え殺される!!!

 

っと思ったら、画面が政宗様へ。

 

もう一度言います。
妄想が具現化されました。

 

 

何で脱いでるのーーーーーー!!!!!!?
しかも布団ーーーーーーーー!!!!!!?

なんで取り替えられてるのーーーーーーーー!!!!?

 

 

何この展開。
意味が分かりません。
何が起きたんですか、この密室で(はぁはぁ)

1週間経ったら、布団が違うのに変わり、
着ていた着物が、脱がされ、裸包帯になっていました。

 

何事ですか。
ここはもう・・・答えは一つ!とか思ったんですが(妄想漫画のように)

 

ちょこっと意識が回復した政宗様に、右目が致したと思ったんですが・・
布団も汚れ(汁とか汁とかで)
着物は脱がしたので、
先週と様子が違っていても不思議じゃないと思ったんですが。

 

アニメを見た限り、
当の小十郎は、外でずっと剣を振ってそうですよね。
煩悩を紛らわすためにさ。
いや、嘘です。

自分のせいで政宗様が重症になってるんだから、
自責の念から、何かしてないと押しつぶされそうで、
ひたすら剣を振るってるとかそういう感じですよね。

間違っても致してなんk(ry

 

究極の据え膳を、スルーした男ですよね。
そういうわけで、誰が着替えさせた脱がせたのかということが、非常に気になります。
あと布団、何で変えたの?
ピンクと政宗様の組み合わせが、あまりにも卑猥だったからですか。そうなんですか。

 

■部下囚われのターン

佐助が帰ってきて、伊達軍の兵士を連れ帰ります。
つうか、回想が、脅しじゃないですか!
伊達軍、はんぱねぇ。
しかし、奥州の米で握った飯が食いたいです。超。

聞き間違いかもしれませんが、
伊達軍兵士の一人のことを、「良直」って言いませんでしたか?

 

・・・もしかして、鬼庭良直のことなのかな?
良直っつーか、左月って、綱元のお父さんだから、もっとおじいさん的なイメージが。
むしろ成実を出してほしい。あの中にはいなかったよねぇ。

 

松永の要求する、楯無鎧の説明の時に・・・
政宗様、目覚めた!!!!!

はっ!と目を開いて、ちょっとキョロキョロするところとか、
もう一挙手一挙動が愛おしい。
何ですか、あの可愛らしい生き物!

振り向いたときのエロさといったら、もう・・・・
これだけで飯3杯は軽いです。

 

■双竜決闘のターン

 

俺は一人で行くぜ!政宗様にも言うな!な小十郎。
そこへ目覚めたばかりの政宗様がっ!!

 

着替えるの早くないですか?
というのは、さておき。

 

いきなり英語が聞き取れません(笑)
あれ・・・・?何て言ってるの?

何回か見返して、どうやら
「Not, you worry」っぽいなーという所にまで行き着いたんですが。
合ってるのかな?

いきなり寝てた政宗様が出てきて、みんなビックリーなシーンだから、
心配するな!というセリフでよろしかでしょうか。
筆頭英語でリスニングはキツいぜ。

 

そしてそして、怪我をおして部下の救出に向かおうとする政宗様!!

 

止めに入る小十郎に対し、
「俺に刀を向けるのか?」と問い、その答えが「背中は守ると誓いました」といつも通り返ってきたのに、
様相が違ってきっと筆頭も戸惑ったんだろうな。

きっと意見をたがえるのって、初めてだろうもの。
最初の小十郎のセリフにも伺えるように。
主に刀を向けても、なんとしてでも止めたい小十郎。もう・・・なんか切腹フラグ立ってるよね!

 

して。決闘。
真田主従、冷静視しすぎです。
あ、でも幸村オロオロしてたかー。

 

小十郎、容赦ねぇ!!

でも、きっとこれが諫言できる最後の機会だと思ってるのかもしれないですね。
なんか、主に刀を向けた以上ーとかなんとか言って本気で切腹しそうだもの。
そんな死を覚悟したとも言える決闘。
だからこそ、執拗に右側を狙って、
右の弱点を教えようとしてたのかもしれない・・・・

 

とか考えると、どうしようもないくらい萌えます。
しかし、最後の最後まで容赦ない小十郎さん。

傷口が開いて怯んだ隙に、そこを一撃!
さらに、とどめにもういっちょ!

 

半端ないです。
モブもないています。

でも、倒した後のなんともいえない瞳・・・
やさしく政宗様を見つめる小十郎!
なんか迫り来るものがあるよ!
いい感じでBGM流れるしで、目から汁が出てきそうです。

 

それにしても、筆頭の倒れ方と、
うめき方がエロすぎました。
中井さんGJ!!

 

一部始終をお館様が見てる(笑)

 

■お館様のターン

何でもお見通しな、お館様。
毎回毎回思うけど、なんでこんなに男なんですか。しびれる!!

客人とは、寝食を共にするだけにあらずとか、どんだけですか!!もうもう!!!
そんなわけで満を持して、片倉殿の助太刀をすべく幸村出陣。
片倉殿ーーーー!!!!!な幸村かわいい。
馬に乗ってるところの作画が、テラヤバス。綺麗だよー!

 

そしてそして、
三次のターン

エロ香炉来た!!!(違)
これで、小十郎がエロエロのグショグショに・・・(はぁはぁ)
と、妄想がイケナイ所にまで行きました。
そういうのは、脳内で再生してニマニマしておきます。

 

 

■予告のターン

「眠そうに目、擦ってんじゃねぇ」by小十郎

 

だと?

 

馬鹿野郎!
こちとら、アナタのせいで目がランランですよ!
眠そうにどころの騒ぎじゃないですよ、
リアルに寝られなかったよ(笑)

次回も、はぐれないように、しっかりこの俺についてくるんだな

 

だそうです。
着いていきます。
どこのプロポーズですか。

 

最後に、ケータイサイト・・・・
おいどんを破産へと確実に導いてるよ・・・これ。

「メールじゃねぇか、小十郎」だと?

欲しい・・・・。
メールの着信に気づいてるのに、取るの面倒だから、小十郎に取らせる図が出てきました。
萌える・・・・

 

 

そういえば・・・前回、瀬戸内が出そうな気配がしたんだけど、
あれ・・・・・・?

 

慶次、どこまで行ってるの!
なんか次回も出てこなそうな雰囲気じゃんか。

Comments are closed.

Post Navigation