katakura

ただひたすらに小十郎縁の地を巡りまくるツアーです。
サブタイは、「ホントの片倉を探す旅」です(←駅の広告リスペクト)
縁の地はいろいろとありますが、今回は東北本線沿線にある縁の地をまわります!

 

今回の行程はこんなかんじです。
新幹線で郡山まで行き、あとは途中下車しつつ、白石・仙台方面へひたすら北上します。
1泊2日でどこまで北上できるか?というかんじです。
赤字は途中下車したところです。

1255574941691447

<旅のお約束>
  • 基本、電車で移動します。あとはバスかタクシーで。なければ歩きます。体力勝負です(笑)
  • 毎回恒例、行き当たりバッタリです。その場で行き先変更も余裕です(笑)
  • 無計画は褒め言葉です。

 

1日目 ホントの片倉を探す旅はじまる・・・!

NEC_0078

ここからスタートです。
ぼんやりと頭の中には、郡山から仙台まで普通列車で行く!という計画があったので、
今日一日でどこまで行けるか分からないけど、目標は仙台まで!

まずは、最初の目的地二本松へ!
郡山から乗り換えた電車の中にすら、もう選挙の政宗様がいらっさりまして、
まだ福島南部だというのに・・・・!
という衝撃を隠せなかった。目が合いすぎてドキドキしました(笑)

 

そして、二本松城です。

NEC_0076

ここは、小十郎が初めて賜ったお城なんですが、2ヶ月だけしか城主じゃなかったし、
江戸時代の城主だった人の方が有名なので、そんな影はありません。当たり前ながら。家紋も丹羽氏のだしね。

ちょうどお城で菊人形祭をしていたので、見てきました。

NEC_0073

NEC_0074 

今回は、天地人にかこつけて、直江さん主役で名場面を菊人形で再現!みたいなのでした。
菊人形ってどんなの・・・?っていうとこんなのです。

NEC_0075

服の部分が菊でできてるんです。
真ん中の黄色いのが直江さん。一番左がKGです。
上杉と縁があったので、意外にKGが各所で菊人形になってました。

NEC_0072

こんなかんじで幼少期から始まっていきます。
所々、気になったのだけを載せていきます。

NEC_0070

主役がいないの巻。
「お着替え中です」って立て看板が・・・(笑)

NEC_0069

信長様withスズメバチ。(小さくしたら見えなくなっちゃったけど)

随所に「スズメバチに刺されないようにご通行下さい」とな・・・。
もう蜂がいることは、問題じゃないのか・・・(笑)
菊に蜂がいっぱい群がってました。
つい最近スズメバチとガチバトルをしたので、怖かった。蜂怖い。虫怖い。

NEC_0065

長谷堂での戦いです。どっかにKGもいました。

NEC_0066

こんなのもありました。観音様。綺麗だったので撮ってみました。

NEC_0060

お城も撮ってみる。
この日が連休の最終日だったせいもあり、お祭もあり、すごく混んでいました。
ゆっくりいろいろ見たかったのですが、できずに残念。
本丸とかもっと奥の方にも行きたかったんですが、行けそうな雰囲気じゃなくて、諦めました。

NEC_0058

ガイドのおじさんに、ベスト撮影ポイントを教えてもらいました。
ということで、箕輪門と、天地人のロゴでございやす。

 

もっとゆっくりしたかったのですが、まだまだ見るべきところがある、
というよりか、この後に行くところが大本命なのでサクサクっと二本松城を後にしました。
行きはシャトルバスがすぐに来てくれたのでよかったのですが、帰りのバスがあと1時間くらい来ないので、
しびれをきらして歩 き ま し た。せっかちなんだよ!(笑)
タクシーも祭りの関係で出払ってていないしさー。

30分はかかったかな?バスに乗ってたときに方向は覚えていたので、適当に歩いてたんですが、
結構坂道とかがあってキツかったです(笑)
交通手段がなければ歩く!これ、今回の旅行の鉄則!(笑)

 

さて。この後の目的地が大問題でした。
駅からどう考えても歩いて行くには無理がありすぎる所なんです。
観光案内所でレンタサイクルがあったので、借りようとしたら止められたほど遠いという・・・・(笑)
片道10キロくらいなら行こうと思ったんだけど、(行くな)平坦な道ではなく、すんごいキツいそうなので
そういう理由からおとなしくバスを待ちますが。

歩いていたペースをもうちょっと早くすればよかったんですが、
着いたらちょうどバスがいったばかりで/(^O^)\

 

あと1時間来ないので、近くの資料館にお邪魔しました。
お城のことをお勉強。城では、完全にスルーされていた、政宗が領主だった時代もちゃんと解説されてました!
歴代城主の名前に小十郎の名前もしっかりあって感動。たった2ヶ月弱だけど城主だったんだよ。
発掘調査の解説もあって、政宗時代の城の構造とかもお勉強。こういうのしっかり見たあとで城に行けばよかったなぁ、と後悔。

 

そして、バスの時間も近づきまして・・・
もうこれ逃したらシャレにならないので、20分前行動です。
そしたら、バス待ちのおばあさんが、私にバスの時刻を聞くのですが、
当たり前だけどよく分からなかったので、案内所でもらった時刻表と必死ににらめっこしてました。
結局、おばあさんの目的地へ行くバスがあと1時間半も来ないことが判明したのですが(笑)
待ってるというおばあさんに全俺が泣きました。なんと・・・!

 

ちょこっと世間話などをして、私は一足先にバスへ・・・
次の目的地は小浜城!

ここは、伊達勢が大内氏を攻め滅ぼして入手し、対畠山の拠点になった城で、政宗様も1年くらい居城していたところです。
・・・・バスは私しか乗っておらず、ちょっと心配になりました。
というよりも、そんな私もどこの停留所で降りたらいいのか分かってない!(え)
「小浜」って所で降りればいいんだろうけど、なんか似た名前もあって・・・・

「こっちのがいいよ」と言われて、そこで降ろしてもらい、丁寧に道まで教えてくれました。ありがとう運転手さん!
ノープランは優しさでできています(笑)

「市役所のすぐ裏だよ!」とのことで、市役所はすぐに見つかり、そこの裏道に入りました。
が・・・・!
市役所の裏にあるのは、どう考えても  です!

もしや・・・・この山っぽいのが城・・・?と嫌な予想が頭をよぎります。
しかし、市役所の裏には山以外なにもないので、とりあえず登ってみることに。

 

・・・・・・なんかもう、ふらふらになってる頃に、ようやく見えてきました。

NEC_0057

結構登るので、これで違ったらどうしようとか不安になりました。
見つけた時は、思わず「あったー!」と口走りました(笑)

NEC_0056

「若き伊達政宗の城下町」だそうです。
確かに年代的にバサラ設定の年齢とかち合う。そんな場所です。

NEC_0055

石垣です。
なんだか疲れて息切れしまくって、ちょっとブレて撮り直したり。
ここまで来る上り坂で車に何台か抜かれたんですが、
そのたびに「なんでこんな所をわざわざ歩いてるの?」的な目で見られたんですが・・・

ペーパードライバーだからだよ!(笑)
車・・・はまだしも、せめて、馬イクくらいは欲しいです(笑)

NEC_0054

さてさて。頂上まで行きます。
大内氏の城だった小手森城を政宗に攻められ、城にいた者みんな殺されて、
恐れをなして、城ごと捨てて畠山氏の所に逃げたゆえんで、この小浜城も政宗のものになったわけですが。
もとは大内氏のものだもんね!な石碑です。

ちなみに小手森城も行きたかったのですが、歩いていける距離では・・・・・。
車なら割とここから近いはず。せめて・・・・馬イクを・・・!(笑)

で、これを撮っていたら、ちょっと先にも小さい石碑があって、
なんか政宗って書いてないか・・・・?

 

 

さすがオタクの政宗サーチ眼。
やっぱり書いてありました!

NEC_0053

「政宗公手栽之松」だと・・・・?
手で植えたのか・・・・?これを・・・・?(↓)

NEC_0052

こんなのがあるなんて知らなかったから尚感動した。
政宗様が御自ら植えたんだよね?
触ったんだよね?

つうことで、そっと触ってみました。(やめなさい)

なんかありがたい木やーと仰ぎ見ておきました。

NEC_0050

とっても立派な松の木でした。大きい!

あと、ここからの景色もとっても綺麗です。
この日がすごく晴れていたから、ほんとこのあたりの景色が一望できます。
山登った甲斐がありました!

NEC_0051

この景色にしばし感動していたいのですが、
帰りのバスが来るまでにまだ行きたい所があるので、帰ります。

次に目指す先は・・・・!片倉小十郎の屋敷跡です!
ここを政宗が居城とした関係で、小十郎の屋敷もこの近くにあるそうなんです。
そして、そこに手植えの梨の木があるそうなんです。
今回、これが見たかったんです!

 

・・・・しかし、案内所でもらった地図が広域地図なので、結構アバウトで分かりません。
どこ?ここからどう行けば・・・?(おい)
方角的にここからさらに登った先っぽいので、またしても上り坂をえっちらおっちら。

道端で農作業をしているおばさんに何度、道を尋ねようとも思いましたが、
ここにいる動機が不純しすぎていたので、声をかけづらく(笑)
ケータイのGPSつきマップをフル稼働させて、どうにか・・・・・

NEC_0049

着いたよ・・・・!
途中で犬に吼えられ、合っているのか不安に駆られながらも・・・・!
あと50mの地点でようやく案内が出てくるんだもんなぁ。

NEC_0045

そしてこれが梨の木です。
でかい・・・・・・!
横幅13メートルあるそうですよ。すごくおっきくて感動。

NEC_0043

ここに屋敷があったそうで。その名残でここらの地名が「片倉」なんです。
やばい・・・住みたい(笑)

NEC_0044

ちなみに梨の実。
ちょうど実がなる時期だったようで、たくさんなってました。むしろ落ちてました。
大きさはピンポン球のちょっと大きいのくらいかな。
小さな実がいっぱいでした。
食べられるのかな・・・・?とも思ったんですが、拾い食いはよくないのでやめました。どうなんだろ?食べられるの?

 

二本松に来たのは、この梨の木が見たかったからで、うん満足。
結構道が分からず苦労したけど、いやよかった。
帰りは道も分かるのでサクサク進みます。
意外に小浜城から梨の木まで距離なかったです。
10分も歩けば着く距離です。

そんな近くに小十郎の屋敷があるんじゃ、お忍びでしょっちゅう小十郎の屋敷に来ちゃいそうです、政宗様。
小十郎の屋敷の方が城より高い位置にあるので、政宗様が厩から馬をこっそり連れ出して、こっちに向かっているのを確認した小十郎は、政宗様を向かい入れる準備をしてればいいと思う。
で、なんで来るのが分かったの?みたいな顔している政宗様とか萌えます。

 

そんな妄想をしつつ。下山します。

NEC_0042

ヒメリンゴも実をつけていました。かわいい!

NEC_0041

政宗の城下町~♪
空が快晴でとても綺麗。
つうか、ここに政宗様がいたの1年くらいなんですが、それでも政宗の城下町でいいのか?
大内氏涙目じゃん。

NEC_0040

バス停でバスを待ちます。
で、待ち時間に宿を確保(笑)福島で宿をとることにしました。
どんだけノープランだって話ですね。
本当は今日までに白石に行って、白石に泊まれば、選挙のCM見られるかなって思ったんだけど、
時間的に今日中にいけなさそうだったので。白石に行くまでに寄り道する場所があと2つもあったので・・・。

 

で、バスで駅まで。

NEC_0039

ちょっと夕日が差しています。意外にここで時間を食ってしまった模様。
でも今日中に福島に行くまでにせめてもう一つは行きたいので行きます!

 

二本松を後にして目指すは、大森城。
小十郎が2ヶ月ほど二本松城主をつとめ、そのあとで城主になったのが大森城なんです。
米沢からも割りと近く、会津攻略の要所ともなった場所です。
が・・・!もっと注目すべきは、割と小十郎は、米沢に呼び戻されているわ、しょっちゅう政宗と書状のやりとりしてるわで。
そんなに寂しいならそばに置けよ!政宗様!と思わずにはいられない場所です(違うから)

 

しかし・・・・・・最寄駅についたときには、夕暮れ時もいい頃に。
まだ完全に日没ではないのですが、これから歩いていくと、日が暮れるか微妙なところです。
でも、タクシーもおらず、呼ぶんだったら歩くぜ!というわけで、歩きます。
地図で見た感じだと、30分も歩けば着きそうなので、まさか完全に日が暮れるわけないだろうと踏んで。

 

で、ようやく城に近づいてきたなぁと思わせる、堀っぽいのが出てきました。

NEC_0038

いや!!暗くなってるから!!!
もう真っ暗じゃんか!!!(笑)

空が紫色から、濃い紫になりました・・・(まだ暮れてないと意地でも言う)

 

そして、この小高い山の上が大森城だろうなという場所まで辿りつきました。
サクサクと登っていきますが・・・・・・・
まだ完全に日が落ちていないとはいえ、木々が生い茂りまくっているので、
もう真っ暗闇なんです。ひぃぃぃぃ!!!!視界が悪すぎです。
仕方ないので、ケータイのバックライトを懐中電灯代わりに進んでいきます。
ちょっと暗くて怖いけど、これくらいなら大丈夫・・・・・・

なんて思っていたら、
ん???

墓!!!!?

 

ケータイで照らし出された先には墓っぽいものが・・・・
そういえば、観音堂があるとか書いてあったなぁと。
暗くてよく分からないけど、この墓っぽいものを通らないと先に進めない模様。

真っ暗闇+墓。

なにこの一人肝試しは・・・・・(笑)
でも、ここまで来るのに30分も歩いたのに、墓が怖いという理由だけで引き下がるわけにはいかず・・・!

物の怪など何の!参るぅわ!!!!

 

というわけで、進みます。
走ります。一気に駆け上がります。

NEC_0037

着いた・・・・!!!
この櫓みたいなのは、再建されたとかではないので、往時をしのばせるものって何も残ってなさそうです。
それよりも怖い!!!人の気全くなし!暗い!!
なので、ブレブレの写真です。

この櫓も登れるみたいなんですが、真っ暗で登る気になれず・・・・城の様子を描いた絵もあったんだけど、
怖くて中に入れず・・・・チキンです。

そしてチキンっぷりを発揮する写真↓

NEC_0036

何が撮りたかったんだかもう・・・・(笑)
成実生誕の場所だし、小十郎を訪ねて政宗様も何度も来ている場所だして、
萌えスポットなんですが、ゆっくり萌えてる暇がありませんでした。

萌え<<<<<<<<越えられない壁<<<<<<恐怖

みたいな。一人で暗闇は怖いね。危ないよね。
日が暮れそうだったら、無理するのをやめようと心に誓った日でありました(笑)

NEC_0035

南福島駅。どっぷり日が暮れています。
しばらく電車がこなくて暇でした。

 

この日は、一駅先の福島まで行きまして、そこで泊まりました。
残念ながら選挙のCMは見れませんでした。県内行かないと無理かー。
粘って地方局の深夜番組まで見てたのになぁ。

ちょっと長くなってしまったので、分けます。2日目へ。

Comments are closed.

Post Navigation