一年の始まり・・・。
小十郎は、ちょっと畏まって着物姿。

片倉_7_0258

せっかくなので、最近この街にできたというシム神社に初詣をしに行くことにしました。
勿論、政宗様をお誘いしますよ。

 

バスにのって小十郎は出かけました・・・。

片倉_7_0259

おいてけぼりな梵天丸様は・・・
あてつけといわんばかりか、道路でおもらしです。
クンクン臭いをかいで、場所を品定めしているところです。

ごめん・・・帰ってきたら、ちゃんと構ってあげるから・・!

 

 

 

さてさて。小十郎と政宗様は・・・シム神社に到着したようです。

片倉_7_0260

これがシム神社全景です。
ちょっと頑張って、一から作ってみました。鳥居をくぐれば、社が見えてきます。
神社の隣のでっかい建物は、お食事処と、和菓子屋さんです。
外にも屋台があって、お食事できます。遊べるスペースも設けて、ちょっと縁日のようなかんじになっています。
新たなデートスポットになればいい。神社でイチャつく小政がみたくて、頑張って建設しましたが・・・
小政はここでどうイチャついてくれるのでしょうか・・?

 

片倉_7_0261

神社に着いた二人です。
政宗様も青い着物をきせてみました。
小十郎に誘ってもらえて嬉しいようですね!

片倉_7_0262

さっそく人目もはばからずイチャイチャしだす二人です。
年が明けてもラブラブしているようです。

 

・・・っと、本来の目的忘れてましたね!

片倉_7_0263

お参りします。
シム神社にお参りに来た恋人達は、必ず結ばれるといわれています(勝手に設定)
そんな恋愛の神様がいる神社なのです(勝手に設定2)
なので、若い恋人同士でお正月から神社は賑わっています。

片倉_7_0264

お賽銭をして、熱心にお願いする小十郎です。

小十郎「今年も政宗様と・・・」

片倉_7_0265

政宗様もやってきました。
それにしても、小十郎熱心すぎです。両手を合わせてしばらくこんなかんじでした(笑)

片倉_7_0266

こんなところでも相変わらず・・・(笑)
むしろ、いきなりいい雰囲気で、さっそく神頼みの効果ですか?

 

お参りも終わり、政宗様にねだられて綿菓子を買ってあげました。

片倉_7_0267

政宗「hey!オッサン!綿菓子くれ!」

心なしか嬉しそうな政宗様です。

片倉_7_0269

その姿をちょっと離れたところから見守る小十郎です。オトンのようだ・・・。
政宗様は、どんどん大きくなっていく綿菓子に大興奮のようで、手を叩いて喜んでいます。
かわいいなー!もう!

片倉_7_0270

できああったみたいです。

片倉_7_0271

さりげなく小十郎も綿菓子を買ったようです(笑)
向かい合って仲良く食べます。

 

綿菓子の次は・・・お寿司の屋台へ行きます。

片倉_7_0272

寿司職人の様子を、身を乗り出してみていた政宗様・・・なんですが、
あまりにかわいすぎて凝視していて、撮り逃してしましました。

片倉_7_0273

見とれているうちに、出来上がってしまったようです。

ちなみに、懸命に屋台を覗き込む小十郎なら撮れました↓

片倉_7_0274

 

・・・そして注文したお寿司も出来上がったわけですが・・・

片倉_7_0275

片倉_7_0276

なぜか別々の場所で食べる二人・・・・。

 

食事の時こそ、二人の距離を縮めるチャンスじゃないのかーーー!!!!
ちょっと恋愛の神様ーーーーーーーー!!!仕事してよーーーーー(笑)

 

 

その頃、外では・・・

片倉_7_0277

幸村とアニキがゲームに興じていました。
なんか幸村がごっつ強くてアニキは全敗していました(笑)

片倉_7_0278

負け続きのアニキは、屋台の肉まんを食べています。

片倉_7_0279

あ、利家もいます。

片倉_7_0280

まつは、和菓子屋さんにいました。
やっぱりこの夫婦は二人でお参りに来ているんですね!

 

そして、小政は・・・

片倉_7_0281

おみやげの和菓子選びをしていました。

片倉_7_0282

小十郎「政宗様、これに致しましょう」

うさぎ餅を買いました。

片倉_7_0283

お代はもちろん小十郎持ちですが・・・意外にいい値段するのね、和菓子(笑)

 

おみやげ選びも終わり、、恋愛の神様にお願いしたことだし・・と
ちょっと積極的になりました。小十郎さん。

片倉_7_0284

仇となりました。

 

ああああああああーーーーーーーーーー!!!
画面右下では前田夫妻がイチャイチャしているというのに、
小政はこのザマです。なんだか、いつもの光景に見えてきました(笑)

むしろ神社、ダメじゃん(笑)

 

そして、おみやげを渡すタイミングすら逃してしまった小十郎・・・。
ちょっと重くなってきたので、待て次回ということで。

Comments are closed.

Post Navigation