前回までのあらすじ。

政宗様の家を迷路状にしました。
家までぶっ壊して作ったので、元のようにするには、またぶっ壊して立て直さなければいけないわけで。

 

・・・・・・・めんど・・・・。

 

 

そこで、取った行動は・・・!

伊達_8_0375

焼け焦げよっ!!!!(どーん)

 

この暖炉、すごい確率で周りの物に引火するので、
すぐ売却してしまったんですが・・・

再び登場!!

 

さて・・・今日はどのくらいで引火するのでしょうか。という実験も含め、燃やしてしまえ作戦でいきます!

 

 

 

シム時間にして、5時間後の風景です。

伊達_8_0376

一瞬です。
一瞬でこの威力です。
火の海になりました。冬は乾燥しているからね(関係ない)

それより政宗様は!?

 

 

 

伊達_8_0377

避難中です。
どうせ火の海になることは、予想できていたので、避難シェルターを用意しまして・・・。
全く火事に気づかず、優雅に過ごす政宗様なのです。

 

 

そうこうしているうちに、

伊達_8_0378

消防士が登場!

 

・・・・・

伊達_8_0379

うわぁ・・・・
消防士が唖然としています。
手遅れですか、そうですか。
焼け焦げよ作戦なので、問題ないんですが(笑)

伊達_8_0380

それでも、律儀に仕事をこなすよ。
むしろ、逃げ道ないっすよ、そこ。
完全に日に囲まれています・・・・!

伊達_8_0381

うわわわわわわ・・・・!
必死の消火活動も全く意味ない!
燃え広がるスピードのが速いし。
むしろ、なんで一人で来たんだ、消防士(笑)

伊達_8_0382

ちょっとだけ消えたようです。
消防士さん頑張ってる。

 

 

伊達_8_0383

ちょえええええええええーーーーーーーーーー!!!!!

死ぬなーーーーーーーーーー!!!!!

 

伊達_8_0384

大丈夫、生きてた。
むしろ火から出てきた(笑)
防火服、ぱねぇです。

 

っと思ったら、

伊達_8_0385

反対側が延焼。
ちょわわわわわわーーーー!!!

伊達_8_0386

灰になる。

伊達_8_0387

その頃の政宗様。
鼻かいてる場合じゃない(笑)

伊達_8_0388

火の勢いがなくなった・・・・っていうか、みんな灰になって燃えるものがなくなったげ。
つうか、消防士、後ろ後ろ!!!!消し忘れてますがな!

伊達_8_0389

あっちゃぁぁぁぁぁ!!!!!

伊達_8_0390

遅いから!遅いから!
また一つ、家財道具が灰に・・・・。

伊達_8_0391

どうやらお仕事終了のようです。

 

 

 

では、現場検証をば。

伊達_8_0392

残ったもの、食器洗い機、ひょうたん、暖炉。

ん?
原因であった暖炉がなぜ無事なのか・・・・。疑問。

 

それにしても、部屋一面に灰が残っただけでした・・・。
もっとこう・・・!建物全体がバーニング!を期待したんですが。
壊す手間省略だね!という結末を望んでいたんですが・・・・。

 

灰が部屋にあることで、片付けが必要になって、かえって手間が・・・・・

 

ガーン!!!!

 

つうことで、

伊達_8_0393

お掃除部隊派遣!

伊達_8_0394

ちりとりと箒で灰を片付ける、古典的な方法です。
しかし・・・3人で足らないんじゃ・・・

伊達_8_0395

増員(笑)

伊達_8_0396

メイドさんもかけつけてくれて、作業は順調であります!
早いな。

伊達_8_0397

よし、もうちょっとです。

伊達_8_0398

最後の一塊・・・?

 

これで、元通りかと思ったら、、、
2階も灰の山だったオチです。

またお掃除部隊を派遣しつつ、

伊達_8_0399

政宗様もお片づけしています。

伊達_8_0400

ちりとりを抱えている姿ですら、愛おしいぜ・・・!(笑)
かーわーいーい!!!

 

 

さて・・・・こうして・・・・・庭の迷路は火事にも関わらず、無事。
部屋も家財道具が灰になったくらいで、状況的には変わらず仕舞いというオチに。

壊すのめんどーーーーーー!!!!
特に迷路が・・・と課題は残ったまま、バレンタインを迎えます。
むしろ、もう面倒なので、このままの建物のままバレンタインします!

次回?かその次には、改造したおうちとお庭をお届けしますー!

Comments are closed.

Post Navigation