<2日目>
ちょっと小雨が降っていましたが、政宗様のお母様の縁の地山形城へ。

まー、筆頭とお母さんって仲が悪かったし、最上とも領地争いとかで中がよろしくなかったことは有名ですが。とりあえず、政宗様の若かりし頃の書状があるらしい!ということで、期待を胸に山形県立博物館へ!午前中いっぱいはここで過ごす予定だった暇人の私・・・だったので、ゆっくり古代から山形の歴史に触れあってきました(笑)

熱心に見てたら、ボランティアのおじいちゃんと仲良くなり、縄文時代あたりから現代までをレクチャーして頂きました。
しかし、残念なことに、戦国時代-江戸時代初期の史料があまりありませんでした。目当ての政宗様書状もお隣の最上義光歴史館にあるとのこと。
江戸の初期に最上家が改易になり、その後は領主が何度も入れ替わったせいで、史料が残らなかったそうです。
そんなわけで、書状とかそういった類の史料は本当に少なかったです。あっても、写しとかだし。
そのぶん自然科学系の資料は、たくさんあったのかな。

おじいちゃんと、山形の歴史について語っていたら・・・・大幅なタイムオーバーを・・・米沢に行く電車が少ないというのにッ!
これから例の最上義光歴史館に行って書状を見てこないといけないのに!(汗)
でも、いろいろ教えてくれてありがとう!おじいちゃん!

大急ぎで今度は、最上義光歴史館へ。
大河の独眼竜政宗では、めっちゃ悪人で描かれているので、そんな印象だったのですが・・・・あんまりそういうわけでもないんだなーと。
しかし、駒姫の話はかわいそうだ。秀吉のせいで、殺されたも同然だもんなぁ。最上が関ヶ原の戦いで徳川方についたのも頷ける。

義光が意外に教養人だったとか、いろいろお勉強してきました。
でも、やっぱり筆頭とは仲がよろしくなかったんだなーと思いました。

だって、義光に送った政宗様の書状が、えらく挑発的だったんだもん。

大内攻めで、城もろとも、そこにいた女子供までも撫で切りにしたんですが、それを書状で報告してるんですよ。それはいいとして、「今の俺なら、関東も簡単に攻められるぜ?」的な文言が、そのあとに続くわけです。
今の自分の勢いなら、お前の所なんかチョロイぜ!みたいな。ものすごい牽制してる・・・!

いやはや・・・叔父に宛てた書状で、こんなに挑発的でいいのか!仮にもお前、まだ十代だぞ!とツッコみたいね。
十代の若造が書いた挑発的な書状を、義光はよく破り捨てずにいたよね。元から仲が悪い所で、こんなの貰ったらキレるよ(苦笑)
しかしまー、挑発的な筆頭って萌えるよね!そんなの妄想してたら、えらく萌えました。

↓ちなみに、これが山形城。

すごく広くてびっくりします。
すごいよ!

堀もすごい↓

一度駅に戻って、電車で米沢へいざ行かん!!!
って思ったら・・・・・・・

やっぱり電車に間に合わなかったーーーーーーーーーー!!!!!
挑発的な政宗様の書状にハァハァして妄想してたのがいけなかったか!

それだけならまだいいのですが・・・・・次の電車が3時間後!!?
まじすか。そりゃないよ。田舎テラオソロシス。
奥羽本線、テラオソロシス。

しかし・・・・救いの手が・・・!
新幹線が30分後に来るので、やむを得ず新幹線に乗ることに。
つうか、在来線で行っても、新幹線で行っても所要時間が10分しか変わらない上にたかが30分の乗車時間という・・・・。もったいねー!!!!!
背に腹は代えられないので、乗りましたが。痛い出費となりました。ノープランでも最低、電車の時間は把握しようと思いました。
せめて・・・・もう乗り遅れない(笑)

そんなこんなで米沢に到着。
まずは・・・・上杉神社へ。

来年の大河の影響もあって、それなりに混んでいました。
どこもかしこも、直江さんの幟がいっぱいでした。

けんしんさま。
上杉氏がここに来たのは、謙信様の死後なので、
謙信のゆかりの地というわけではないのですが。

上杉氏がここに来る前は・・・そうです!
我等が筆頭の領地だったわけです。ここは上杉神社ですが、米沢城趾でもあるので・・・・・・・つまり・・・・・・

こういうことです。(どーん)

伊達政宗公生誕之地 です。
そう・・・・ここで、こじゅと筆頭は出会ったんだね。ハァハァ。
ここは・・・・こじゅまさの聖地。

ここを小政の聖地としまーす!(ザビー風に)

これが見たくて、ここまで来たんだよ!(新幹線にまで乗って)
すごい感動的!オタクな目的でうっかり来てしまったんだけど、なんかウルっときた。筆頭はここで生まれたんだね。
どうしても都合がつかなくて、なかなか行かれなかったので、なおのこと感動したぜ!
やっと来られました・・・!

感動した後で、上杉博物館へ。上杉氏が米沢に来て以降の話なので、謙信様とかはあまり出てこなかったかな。江戸時代の藩政とかがメインでした。
信長から謙信が貰った洛中洛外の屏風のCGがおもしろかったです。信長と親交があったって、意外でした。バサラで出てくる武将同士が意外な所で繋がってたりするんですね。

博物館も見たし、上杉神社もぐるっと見てまわったし・・・・・帰るには中途半端な時間だったので、それじゃあ、レンタサイクル借りて、こじゅ縁の地でも行ってくるか!せっかく米沢に来たんだし、成島八幡社に行くべ!とふと思い立ちました。
この成島八幡社の神職の次男坊として小十郎は生まれたわけで。年の離れた兄が跡を継いでいたから、あんまり縁はないんだけども。しかーし!大河の独眼竜政宗では、ここでこじゅの笛の音を聞いたパパ宗様が、小十郎を伊達家にスカウトするシーンがあるわけで。
これで行かねばオタクが廃るぜ!

と、電波を受信したオタクは、軽い気持ちで観光案内所に自転車を借りに行きました。が・・・!

貸出時間が あ と 1 時 間。
で、今から行こうとしているのは、どう考えても自転車で片道30分くらいかかる場所。
間に合うか微妙だ・・・・・(死亡)

最悪、歩いて行くことも考えましたが、そんな私の無茶をしようとするオーラを感じ取ってくれたのか、少しオーバーしても大丈夫ですよってことで無事に借りられました。
ほんと・・・・どうもありがとうございました!この節は本当にご迷惑をおかけしました・・・。

少しのオーバーは、許容されましたが、これ以上ご迷惑はかけられないので、とりあえず時間内に返すぞ!というわけで、5キロほどの道をマジ漕ぎしました。ノンストップで、猛スピードです。

そんなわけで、20分くらいで到着しました(早ッ)
愛故の行動は不可能を可能にすると思いました(笑)

なんかとってもわびさびのある所でした。つうか、ここは神社の入り口であって・・・・本殿は離れた所にあるんです。そう・・・・この鬱蒼と茂る木々の奥に。

pimo、再び 登 山!!(笑)

そんなわけで、また坂道をえっちらおっちら・・・

しかし・・・これの何が凄いって、社務所からも離れて、人っ子一人いないような所なのよ。夕暮れ時に鬱蒼と木が茂る森っぽい所に突っ込んでいくのよ。

コエー!!!!!!(笑)

正直、ガクブルでした。ほんとこわかった!
だって、カラスと野良猫と私しかいないんだよ!
あからさまに何か出そうなキャスティングで。

ビクビクしながら、ようやく本殿へ到着。

なかなかに歴史を感じさせる建物でした。石畳に苔が張り付いてるし。かなり古いっぽいです。江戸初期に立てたとか!?(←看板に書いてあった)
まぁ、それはさておき・・・・・・この地にかつてこじゅもいたのかと思うと・・・鳥肌もんですね。初めて白石行って、「うわぁぁぁぁぁ・・・・・」となったのを思い出しました。
でも、こじゅ縁の何かが残ってるとか、そういうのが全くないので要注意です。上杉神社から、かなり距離があるので、私みたいなこじゅにクレイジーな人向けです(苦笑)

↑朽ち果てた狛犬的な何か。
いつからあるんだろう・・?
すごく歴史を感じました。

はてさて。そろそろ戻らないと、自転車を返す時間に間に合わないので・・・・成島八幡社を後に。
しかし・・・誰もいないのって怖いね!ビビりまくってましたよ。
あと、神社のふもとで(苦笑)宮司さんっぽい人がいて、やっとホッとしました。しかし、「何でこんな所に来たの?」的な訝しげな目線が痛かったです。生まれてきてすみません。オタクですみません。出来心でつい・・・来てしまっただけです。

で、・・・・再びチャリをマジ漕ぎしまして・・・観光案内所へ。
さすがに帰りは息切れして、途中のコンビニで休憩しちゃったけど、どうにか本来の貸し出し終了時間に間に合ったーーーーー!
オーバーを認められていたとはいえ・・・遅れるのは人としてアレなので、そんな人としてのアレを保ててよかったです。疲れたけど(笑)

返却に来たら、「今度は暖かい時にまた来て下さいね」(←この日は異常に寒かった)と案内所のおじいちゃんが・・・・!米沢って良いところだよ・・・・!こんなダメな大人(しかもオタク)に・・・・。ありがとう・・・!おいどん、感動で前が見えないぜ・・・!目から汁が・・・

感動を胸に米沢を後にしました。明日の予定は、ほとんど立てていなかったので(福島北部に行くか、いっそ仙台に行くのか迷っていた)、どっちに行くにも便利なように福島で宿を取ることに。つうか帰りの電車を待つ間にホテルを予約という荒技を披露しました。ノープラン!しかし・・・・部屋が残っていてよかったよ(笑)

ちなみに夕飯は、ホテルで駅弁食ってました。

よく、夕方のニュースとかで取り上げられてる、「牛肉どまんなか」を食しました。いやー!すぐに売り切れるわけだ!うまかったです。

で、翌日はやっぱり仙台でパーリィすることにしました。やつうさんにメールしたら、白石で買い忘れたブツを買ってきてくれ!って返事が来たため、白石・仙台行きに相成りました。→3日目へ

5/12~14にかけてちょっくら一人旅をしてきました!
まったりと、政宗様縁の地を巡るツアーです。
毎回の如くノープランで推して参ります!

<1日目@山形蔵王温泉>
午前中まで仕事があったので、山形到着は、昼過ぎでした。これから観光するものなーと思って、そのままバスで蔵王温泉へ行ってきました。ここに行きたくて、今回の山形行きを決意したようなものなので。さくっと目的完遂してきますぜ!

蔵王温泉に着いたら、さっそく観光案内所へ行って、オススメの温泉を聞いてみたり(予習ゼロの人間)何だか遠い場所なんだけど、ここが一番有名ということで・・・ぽてぽて歩いて行くことに。

看板が見えてきました。
しかし・・・そこには「急勾配につきご注意下さい」と・・・・・

つーことで。登山です!登山!!
き・・・・聞いてねェよッ!!!!!!!!!!
案内所のおじいちゃーん!坂があるなら、あるって言ってくれよぅ!!!!!!!!!!こんな坂があるなら、行かなかったよ(苦笑)
スキー場のリフト乗り場を素通りして・・・さらに上に上ります。仕事帰りにこれは辛い!

意識が朦朧としてきた所で・・・・
桜!!!?

一瞬幻かと思ったんですが、桜でした。
5月の半ばだというのに、まだ桜が咲いているんですね。確かに寒かったもんなぁ。
っと、息切れもピークの頃合いになって。ようやく目的の温泉に到着!
癒されてきましたよ。露天風呂は最高ですね!長湯はあんまりよくないらしいけど、たっぷり1時間くらいはつかってました。

その後、下山して(苦笑)共同浴場も行ってきました。
・・・・貸し切りでした。

平日昼間の温泉街は、ゴーストタウンのようでした。店もろくに開いていないという・・・。
まぁ、お風呂が貸し切りなのは嬉しいよね。のんびり浮かんできました。

↑稲花餅。
名物らしいというわけで、食べてみました。

温泉ですっかり癒されて、山形駅前のホテルへ帰ります。
バスを待っている間に撮った写真です(↓)
山はいいのぅ。

↑川ではなくて、温泉。
川の如く温泉が流れてる!

ホテルに戻って、軽く明日の予定を立てて就寝。明日は、山形城に行ってから、午後から米沢観光です。
ページが半端ですが、一日目終了ってことで、ここで一旦区切ります。→2日目へ

天守台に登ったり、歴訪ミュージアムを見ていたら、ちょうどお昼の時間に。やつうさんが「腹へったー」とうるさいので(笑)
売店のお食事処へ行きました。

そこでも驚きのシロモノが・・・・・・

小十郎うーめん、はじめました(どーん)

この日は、暑かったので、どちらかと言えば、冷たいうーめんが食べたかったのですが、やつうさんが「伊達鶏のうーめん」を注文した時点で、私の食べるべきものが決まったようでした。
ここで空気を読まずに、どうしろと?
ということで、小十郎うーめん、お願いしますッ!(笑)

奥が伊達鶏のうーめん
そして、手前が小十郎うーめんです。

で、この小十郎うーめんのどこが凄いって。
具がすごいのよ!!

ゴボウと大量のネギですよ?

これで、小十郎うーめんって納得できるのは、バサラオタクだけです。
そんなオタクのために作られたうーめんということなんです。

つーか!白石ではそこまでバサラの小十郎が浸透していることに驚きです。もうこのうーめん、すごすぎます。
この小十郎うーめんは、数に限りがあるようです。味は・・・ゴボウとネギでしたよ(笑)
しかし・・・実は、pimo・・・あんまりネギが好きじゃないんだ。この大量のネギがちょっとイジメじゃないかと思った(笑)

腹ごなしが済んだ後は、いざ祭へ!!
つーことで、商店街へと繰り出しました。
そこで撮った写真をいろいろと載っけておきます。武者行列とか、馬とかいろいろ見たよ!

普通に祭を満喫しました。
すごいなー!普通に馬とかいるんだよ!小十郎が乗ってたよ!
あとは、出店もほとんど全部が、地元の人が出店していたので、食べ物もみんな良心的価格でした。

地元の祭とか、テキ屋ばっかりで高くてヒィヒィなのにな。
こぢんまりとしていて、すごく良い雰囲気のお祭りでした。
やつうさんと食べ歩きしまくってました。あんこ餅とか旨かったなー。あんなにでっかい餅があんこたっぷりで2個入ってるのに200円なんだよー。安い!

あと、御神輿見てたら、空から大福が降ってきました!お餅をまくのは、よくあるんだけど、まさか大福が降ってくるとは・・・!
しかも、うまいし。大盤振る舞いだなぁ。

さて。祭も楽しんで、気づけば1時半に。
バサラのゲーム大会も開催されていたようですが、1ヶ月ろくにプレイしていないヌルゲーマーが太刀打ちできるわけないので、エントリーしませんでした。
なので、城下公園でやっている、片倉鉄砲隊演舞を見ることにしました。ちょっと早めにいってベスポジ確保してました。

ずらりと並ぶ姿は圧巻。
これから始まりますー

すごくおもしろかったです。初めて見ましたよ、火縄銃。
号令と共に一斉射撃する所がとてもかっこよかったです。
撃ち方もいろいろあるようで、何パターンもやってくれました。合間に入る説明もよかったです。座って撃つ方法が、一番命中率が高かったようです。

そして、撃つ時の音が、予想以上に大きいのでビックリします。音に慣れてきてからも、ビクッ!となります。写真はやつうさんが撮ってくれたのですが、最初の方がブレまくっていて笑いました。

火縄銃を見て大満足な二人が次に目指した先は、片倉小十郎クイズラリー。

が・・・・しかし。
火縄銃見ている間に終わってしまったようです・・・・OTL
まさか先着で人数制限あると思わないじゃない。ゲーム大会じゃあるまいしー。
ショックー!
これが今回の唯一残念だったことです。参加賞とかいらないから、参加させてほしかったなぁ。
参加できなかったけど、クイズはまだ商店街に貼り残されていたので、ちょっと挑戦してみました。クイズはこんなかんじに、はっちゃけていましたよ(↓)

もう、あえて何もつっこむまい・・・・(爆笑)

このギャグセンスが好きです・・・本当に。
まさか、バサラネタを使うとは・・・・しかも一問目からですよ?この出オチは一体・・・(笑)
小十郎の特技っちゃ特技だけどね・・・・穿月。
そして、こじゅの姉は、キタ━━(゜∀゜)━━!!さんですね。

この問題を作った人を本気で尊敬しますよ。笑いをありがとう。
しかし、分かる人にしか分からないネタを仕込むとは、お主・・・やるな(苦笑)

ひとしきり爆笑したあとで、片倉家御廟所に行きました。
まさかあんなに日差しが強いとは・・・・。
曇ってきたから、いけるかな?って思ったら、その後雲一つなくなって、泣きそうでした。暑かったよ・・・!
そして、無理してやつうさんも付き合わせてごめんよ(後で散々文句を言われた)

このあとで、キタ━━(゜∀゜)━━!!さんのお墓にも行ってきました(笑)
が、写真を撮り忘れたようです、やつうさんが。
去年の10月に行ったときの写真を載っけておきます。

頭痛に効くという言い伝えがあって、昔の人が墓石を削り取って薬にしたら・・・徐々に削り取られ、今ではこんな姿になっています。
ほとんど石がないという・・・・・

しかし、ここの近くにお堂があるのですが、壊れそうで怖いです。隣の小さい小屋みたいなのは、完全に崩れる3秒前みたいな姿になってます。

日帰りだったので、ここまででタイムオーバーでした。
御廟所からお城に戻って、売店でお買い物をしてから(またビールを買いまくった;;)タクシーで白石蔵王へ。
駅弁を食べようと楽しみにしていたのに、駅には売っていませんでした。駅弁の売っていない駅って一体・・・・?まさかの展開過ぎて、最後までびっくりしまくりでした。
結局、新幹線の中で腹をすかせて、耐えかねた私が、車内販売の所まで出向きました(笑)

駅にも、こじゅうろうくんがいました!

お祭りはとっても楽しかったです。まったりとしていて、和気藹々な雰囲気ですごくよかった!楽しいお祭りをありがとう!

町並みものどかで、癒されてきました。白石からはマイナスイオンが出てるね!
疲れてきたら、また癒されに行きたいです。

撮影:やつう  文:pimo

ゴールデンウィークまっただ中、やつうとpimoは、白石に行ってきました。
pimoさん・・・約2週間ぶりの白石です(笑)
やつうさんは、初めての白石上陸です!

今回は、白石蔵王まで新幹線でバビューンと。
白石に来るときは、いつも福島乗り換えで在来線を使っていたので、pimoも初めて白石蔵王駅に来ました。
そんな白石蔵王駅で我々を待ちかまえていたもの(↓)

「俺が行かずば 誰が行く」のキャッチコピーに
二人で大爆笑。

なんかもう、新幹線を降りたら、いきなりこれで吹いたよ。
こんな所から小十郎の幟にお出迎えされました。しかし…にゅーでいずの壁がすごいことになったなぁ・・・(笑)←にゅーでいずの壁に幟が貼ってあった。

白石城の模型?もありました。
せっかくなので、パチリ。

やっとこさ、笑いを堪えて白石蔵王駅を後にする二人。
ちょっと距離があるけど、駅から白石城まで歩いて行くことにしました。寄り道したい所もあったので散歩がてら。

で、歩いて5分もたたないうちに、我々をまた大爆笑へといざなったものが・・・・(↓)

なんという焼き肉屋・・・・・(笑)

もう、ほんとになんじゃこりゃー!!?
というリアクションでした。
こじゅ・・・・

営業は夜6時から10時までだそうです。行きたかったけど(え)日帰りだったので、時間的に・・・・・次は食べに行きたいですな。
祭の会場に行く前から、テンションが上がるようなトラップに遭遇しまくってました(笑)
個人的には、「跡部」というお花屋さん?があったことに衝撃を覚えました。ジャンル違うけども。跡部様のお花屋さんとか想像して吹きました。

水路の広がるのどかな通りを歩いていき、傑山寺に到着。
小十郎のお墓を拝んできました。例の一本杉です。

何度見てもすごい雰囲気を醸し出しているよね。
しかし・・・・この感動をよそに、蚊がすごいんだよ!!さすが墓場!
ってな具合に蚊が・・・しかもデカイのが大量に。パンパねぇ・・・!
なんか一本杉の前で物思いに耽っている間に、蚊に刺されまくっていたんですが。痒かったです(傑山寺での思い出)

ひとしきり蚊に刺された後で、白石城に向かいます。
その途中であったお寺です。

真田幸村ゆかりの寺だそうです。2代目の小十郎が、幸村の娘や家臣達を白石に住まわせた由縁で、白石の地に幸村ゆかりの寺があるんですね。
ということで、こんな所でゆっきーに遭遇しました。
噂には聞いていたけど、屋根に注目です。

伊達と真田の家紋のコラボレーション!

たぎるわ~~!たぎる!
こんな所で、蒼紅共闘ではありませぬか!

だいぶ道草を食ってから、本来の目的地であった白石城へ・・・・。
城まで行く坂道で、再び我々を待ちかまえていたものが・・・・(↓)

・・・・さっきの幟がいっぱいあるよぅ!!!!!!?

ちょっと・・・吹いたよ(笑)
大量のこじゅ幟に・・・。
しかし、道行く先々にこれがあるもんだから、そのうち耐性が出来ました。もはやいちいち笑っていられない。慣れって怖いね!

というよりか・・・・この大量のこじゅ幟に吹いている場合ではなかったのだ。
こんなのが序の口だということに、二人は気づいていなかったのであった・・・

我々を驚嘆の渦へと導いたアレです。(↓)

こじゅバス@白石城

バスが・・・バスがぁー!
なんかオタクも普通の家族連れも、祭にきた地元の子供も、普通に記念写真してるよ・・・正直、その光景に驚きました(笑)
城を背景に写真を撮ると、バスが映えますね。

側面も撮ってみる。

この前は、まさかのpimo、こじゅバスに置いていかれるという事態により、乗れなかったのですが(笑)←笑えねぇ!
バスの中にも入れたので、乗ってきました。せっかくだし。

したらば!!
バスの外装だけ見て喜んでいる場合じゃなかったよね!
とにかく中がすごい!なにこれ、なにこれ!!(↓)

まさかの座席指定。
まじすか、これ。
通路を挟んでこれですよ。
伊達主従、公認?

伊達主従は、バスの中でもラブラブなんですか、これ?
もう見たとき、ビックラだよ。バスの外装もびっくりだけど、これに勝るものはないね!
この指定席、恐れ多くて座れませんね。
いやしかし、この前・・・バスに置いていかれてよかったと思いました。
こんなの乗ったら、一般市民の前で吹くところでしたよ。ブッフー!って。危ない危ない。

これの他にもバスの中は素敵なことになっていました(↓)

ポチ武者、きたわぁー(笑)
「よろしくワン」とか、犬な所とか、「こじゅーろう」な所とか
白石市のセンスを尊敬します。
こけしのこじゅうろうくんのインパクトもすごいよね。

まぁ、さて・・・・・天守台に行こう!と券売機の前に行きます。
時間的に立体シアターの「鬼小十郎帰るに及ばず」が見られそうにないから、どうしようかーとかやってたんですが。
ふと、財布を見たら、万札しかないよ!
さっき、ここに来るまでにコンビニとかで道草食ってる間に小銭を使い果たしていました(笑)
券売機の前で突っ立っていたら、観光案内のおばちゃんに声をかけられました。

「バスは、もう写真に撮ったの?」

と。ええ、ご心配なく。そのへんは抜かりなくてよ(苦笑)
そして、券売機で万札が使えずに困っていたら、なんとも素敵な答えが返ってきました。

歴訪ミュージアム前の窓口で買うか、売店で限定の小十郎シールを買って万券を崩してくればいいと。

・・・・後者でお願いします(笑)
いやぁ・・・・商売うまいなぁ・・・
オタクは限定と初回版という言葉に弱いのよ。
ちなみに小十郎の限定シールは、ポチ武者のシールでした。かわいいから許す!

そんなこんなで、いざ天守台へ!

ちょっと待て!
そこの伊達主従!!(笑)

城の前に・・・・これはッ!!!!?祭だから、伊達主従が城の前まで出張というのか!?
なんか、ここまでバサラが公認されているのね、白石って(笑)
ビックラだわ。本当に。オタクに優しい所ですね。

もうちょっと近寄って撮ってみる。
お城が背景にうっすら写っているんですね。

で、城の超急勾配な階段にビクビクしながら、一番上へやってきました。
今日はめちゃくちゃ天気がよくて、景色がすごい綺麗でした。
お陰様で日焼けが酷かったのは言うまでもありませんが。(家に帰ったら、「海に行ったの?」と言われました;笑)

バスを見下ろしてみる、
というなんともアホなことをした図です。
これはこれで、ウケる・・・・・(笑)

ちょっとページが長くなってきたので、このへんで一旦切ります。
続きは、こちらからどうぞ→後半戦へ

白石に行ってきました!3回目・・・・?(笑)

pimo、思い立って白石へ行く~愛の暴走~
とでもサブタイ打つべき今回!
東北地方に立ち寄る用事の合間に日帰りで行くという無茶なスケジュールで推して参りました!

あれです。ウワサのバスがどうしても見たかったというわけです。
本当に白石の街をあのバスは走っているのだろうか・・・・?見たい!否、乗りたい!

ということで、早朝の新幹線に乗り込み、まずは福島で下車。
白石の他にも、福島北部のゆかりの地を巡ろうかという計画でした。
二本松とかそのあたりをまずは・・・!というわけで、郡山行きの電車に飛び乗ったつもりでした・・・・・・・・が!!

目の前には「郡山」って書いてある電車が発車しているではありませんか!
じゃあ、この電車は何って話ですよ。
快速・仙台行きじゃねぇかよッ!!!(←郡山と逆方面)

いくら筆頭大好きっ子だからって、無意識のうちに・・・・・・!!!
お前はそんなに仙台に行きたかったのかよ・・・・←今回は日帰りってことで距離的にも無理だったので断念。

仕方ないので一度降りて隣のホームへ・・・・・ってあと1時間電車来ないのぉぉぉぉぉ?
まじか。乗り遅れたよ。
もう計画とかどうでもよくなってきた、pimo。もう、このまま白石行っちゃえ!ってなわけで、さっきの快速仙台行きに乗り込み、一気に白石へ。

今回の旅行、この段階で計画性とかそういうのが一切なくなりました。オタクは本能のままノープランで参ります(笑)

そんなわけで白石到着です。

これは、去年行ったときに撮ったものです。今回は天気が悪くて写真をあまり撮りませんでした。
駅前はこんな様子です。

さて、白石は激しい雨です。
予定では傑山寺や片倉家御廟所に行こうと思っていたのですが、歩いて行くのはとても無理です。タクシーを使うのも勿体ないので諦めました。

じゃあ、かわりにどこへ行こうかと悩んだ末、そうだ図書館行こう!片倉代々記を読んでこよう、ということに。
しかしだ・・・・!図書館はどこですかという疑問が当然湧いてくるわけで。さすがノープラン!

さっそく駅前の交番にお世話になり、図書館までの道筋と地図を頂きました。丁寧に教えて頂きありがとうございました。朝からサーセン。

図書館は郷土資料室みたいな部屋があって、こじゅまさを知るには打って付けの素晴らしい部屋があります。何だかんだで2時間くらい籠もってました(いすぎ)普通の図書館にはないような本がいっぱいで、ついつい、いろいろ読んでいました。痒いところに手が届くようなラインナップで、大変お勉強になりました。

どうでもいい情報なんですが、史実の小十郎も外伝の小十郎と同じくメタボだったみたいですね。お前やっぱり・・・・・あの輪郭は(@外伝OP)・・・そうだったのか!!?
太りすぎたのを心配したムネ様が、小十郎のために軽めの甲冑を作らせたとか書いてあって、吹いたよ。どんだけだったんだ、小十郎・・・・。

なんか亡くなった原因もそれみたいでしたよ。メタボ→高血圧→脳梗塞or脳卒中というわけで、戦国時代でも現代でもメタボは恐ろしい!
あと普通に病床の小十郎に宛てた政宗様の手紙に涙しました。すごいこじゅの事を思ってるんだなぁと思いました。やばいわ、あれは。

図書館で密な時間を過ごし、今度は白石城へ。

雨のせいもあり、桜が散ってしまっていて残念。
桜の名所としても有名らしいですよ。せめて先週に行きたかったな。綺麗だっただろうな・・・。

さてさて。雨は激しさを増すばかり・・・。
観光客はおろか、ガイドの人すらいません(ガイドの人がいる詰め所も閉まっている)
詰め所の隣の売店も閉まっている・・・・!
城の前には私だけがぽつんと・・・・・・・寂しい!

雨が激しいので、城のまわりを簡単にまわって、城の手前にあった売店へ。
こじゅうろうくんの缶バッチを買ったよ!


↑の車がかわいかったので、パチリ。
いいなぁ・・・乗りたいなぁ。

ここで、そうだバス!!
と本来の目的を思い出す(笑)

そろそろ駅前にバスが来て、終点の城下公園に来るようなので、駅前から城下公園に戻ろうと思い、駅前へ。歩ける距離なんですが、しかもバスで2分なんですが、せっかくなので。今日のバスのコースが私の目的地と離れているので、そんなに長い時間乗れないのでいいかなーというわけで。

で、駅前到着。眼前を颯爽と走るバスは・・・・・

キターーーーーーーーーーーー!!!!
こじゅバス、キターーーーーーーー!!!!!!

本当に走ってるんですねー!すごいや、すごいよ!白石市!(笑)
なんかいろいろ感動した。普通に市民の方々が乗ってるし。とけ込んでるよ・・・・!

そんなわけで、写真撮影に没頭していたら、ここで悲劇が。
まさかの・・・・・バスに置いて行かれた!!!!
という事態勃発。pimo、硬直。

ちょ・・・・・・!!ま・・・・・
待たんか、そこの小十郎ッ!!!!!

バスはほぼ終点だし、次の停留所までバス2分だし、歩いていけるし・・・普通は乗らないと思うので。まさか私が乗ろうとしてるなんて思わなかったんだろうな、運転手さん。
降りてるお客さんを待っている間に写真撮りまくってたから、乗る意志がないように思えたんだろうな(笑)

虚しく私の前を通り過ぎるバス・・・・(笑)
こじゅと筆頭をお見送りしておきました。
末永くお幸せに!(?)

次のバスまでがかなりあったし、そんなに待てないので(また図書館に行けばよかったのかも;笑)潔く乗るのは諦めました。乗れても3区間くらいだし。
さて・・・・・次はどうしようかと。
本来の目的地であった二本松に戻ることも考えましたが、白石から一旦福島に戻って乗り換えなければいけないんですよ。で、福島でまた待ちぼうけを食らうのはごめんだしな・・・・・・と思考を巡らせていたら、目の前には仙台行きの電車が!

もう・・・・・・仙台行ってしまえ!!!!

ってなわけで、仙台へ行くことにしました。
思いつきって恐ろしい。
ちなみに帰りのことは全く考えていません。
特急券は福島からしかないので、仙台から戻らなくてはいけないのですが、結構な距離だという。
どうにかなるよ!という楽観的な思考により、一気に仙台へ。
もう本当に計画って何だったんだろうね。

そういうわけで、仙台市博物館に行ってきました。
どうしても春の展示が見たかったんだ!!
あとは適当におみやげを買ってタイムオーバーとなりました。仙台-福島間を在来線で行かねばならなかったので。ちなみに81分かかります。各停で。無計画の代償です。
噂には聞いていたけど、駅前の政宗像がなくなっていてショックでした。寂しいわー。

そんなわけで無計画な日帰りの旅は幕を閉じました。
天気が悪くて写真が少ないのが悔やまれます・・・・・。最後に私が仙台と白石で、これまた無計画に買いあさったおみやげを紹介したいと思います。

伊達政宗麦酒に、小十郎キタ!!!!!!
今までなかったんですよ。思わず購入してしまった一品。しかも箱買い。
やつうさんに見せてあげたら、すごい興奮してました。今度一緒に飲む約束をしました。

小十郎の日本酒まで売ってた!!!!
ので即購入(笑)
景綱囃子だなんて、もう迷うことなく買うに決まってるでしょうが!!
この見事なまでの買いっぷりに、お店の人に「ジュースもあちらにあります」とバサラ缶(何で売ってるの!ここで!!?)まで勧められる有様(笑)

ば・・・・・・・バレてる!!!!?オタクだって・・・・・!!!?(笑)
↑の話を友人にしたら笑われました。

甲冑ペーパクラフトもうっかり購入。
作って飾るんだい!悪いかっ!(笑)
家臣団のマウスパッドも。それから、新発売の小十郎饅頭。

キティ宗様のシャープペンシルに、噂のこじゅうろうくん缶バッチ。

そして・・・・まりもっこりな筆頭です(笑)

・・・・・爆笑!!!!!

小十郎バーションも欲しいところです。まりもっこじゅうろうとかどうですか?白石市のおみやげやさん。

酷使させすぎたなれの果てです。
雨+酒(ビール3本に日本酒1本)というのが祟って、亀裂が・・・・・!
ごめん、白石城の紙袋・・・!

唯一の食事・・・・・・(笑)
観光に忙しくて、気づいたら何も食べていなかった。
夕飯の「仙臺まるごと弁當」
美味でした。

ということで楽しかったです!
今度は計画性をもって(笑)行きたいと思います!

小十郎の家

↑小十郎の家。
平屋で無駄に広い・・・(笑)
裏庭には畑があります。


畑を守るために犬を飼うことにします。名前はもちろん「梵天丸」です。
なんかこうして見ると、外伝の双竜の決闘を思い出します。

「この小十郎がお供します・・・」

ペットショップに行って梵天丸様を引き取り、野菜の種を買って、一日が終わりました。 え?ペットに「様」づけ?いいんです。気分です、気分。 買い物で疲れたので、寝ます。

キャプション
しかし、まだまだ元気な梵天丸様。
つうか、不穏な空気がします。
片足を持ち上げて・・・・

小十郎「梵天丸様・・・・・もしや・・・・・」


小十郎「く、臭いです・・・・・梵天丸様・・・(涙)」
布団に侵食しそうな位置ですよ、梵天丸様。


不幸はこれだけで終わらない小十郎。
初日にして、畑を荒らすアライグマ出現!ピンチ!!
頼みの梵天丸様も、来ていきなりおもらしをする位だ。期待はできない(笑)


しっかーし!
果敢に挑む梵天丸様。
出すもの出してスッキリしております!(笑)

そんなおかげか見事に撃退!
梵天丸様さすがです!
見事に畑の平和は守られました。


翌朝。
さっそく昨夜の粗相を咎めます。
小十郎「心が痛むが、これも梵天丸様のため・・・・心を鬼にして・・・」


でもちゃんと、アライグマを撃退したことは褒めます。
ご褒美に首輪をつけてあげました。
つうか、小十郎の寝間着がダサイだって?
余計なお世話です(笑)


新聞配達の女の子を、追い回す梵天丸様。
やんちゃ盛りです。
女の子の悲鳴がすごいです・・・かわいそうだよ。


そろそろ梵天丸様と仲良くなったかな・・・・・とウッカリ勘違いした小十郎。
この後、噛まれます(笑)
抱きつこうとして大失敗。
ていうか、飼い犬なのに抱きつけないって・・・・他のシムで犬を飼ってたけど、そんなのなかったのにな。さすが梵天丸様です。


畑を耕します。
さっき噛みついたくせに、そばに寄ってくる梵天丸様。

・・・ツンデレか!?


耕す姿が様になっています。
ニンジンとインゲンとレタス、トマトを植えました。
収穫まで雑草取り、水やりは欠かせません。
頑張れ小十郎!


今度は大ですか!梵天丸様!!(梵天丸様の目の前の物体)
画像にないけど、その前にもお漏らしを家中にしていた。
小十郎の苦労は絶えません。
叱りすぎると、嫌われるし、叱らないと粗相しまくるし・・・
難しいものです(小十郎談)


お風呂に入れてあげます。

小十郎「粗相しちまうのは、まだ小さいからだよな・・・」
と自分に言い聞かせてみる小十郎。


野菜が育つまでしばし、ふれあいます。
朝起きて畑をいじるという健康的な生活を送ります。
ちなみに、このあと梵天丸様に芸を覚えさせようとして、噛まれました・・・・なぜ!?


なんとまた来てしまった、アライグマ!
頼みの梵天丸様は就寝中。
ここは自力で追い出すしかない!
畑は収穫間近!
守れ!小十郎!!


しかし、なかなか引き取ってくれません。
頭を抱える小十郎・・・・

ちょ・・・・!おちつけ!

その後、動物コントロールの人が捕獲していきました。万歳。


アライグマから守りきった畑。

ようやく収穫の時です!
日々丹精を込めて作った野菜が実りました!

ということで、ホクホクしながら収穫。


翌日も取れます。取れます。豊作~!
トマトとインゲンは何度もできるので、食費には困りません。
喜んで収穫作業に勤しむ小十郎。


一緒に遊んでみる。
噛まれるので距離をみつつ、慎重にスキンシップ。

梵天丸様に心を開いてもらうために、小十郎は頑張ります。


そして・・・・・また・・・・・(涙)

これ以外にも、もう毎日漏らしてるよ、梵天丸様。特に小十郎の布団周りを中心に・・・。

分かり合える日が来るのか・・!?
小十郎の気苦労は絶えません。

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !